まず、高額なお買い物だという事を思い出しましょう。
強引であったり感じの悪い営業はそれだけで取り引きするに値しないといえます。

よい営業マン わるい営業マン
内見の現場で強引に薦めてこない
過剰に部屋を褒め称えたりせず、あくまで部屋を見回る客を黙って見守るのみ。彼らは客が静かに部屋を確認したいのを知っています。もちろん本当にオススメの場合もありますが…

こちらの話をよく聞いてくれる
営業マンなら当たり前の事ですが…
こちらの予算、希望をよく聞いた上で探してくれる人が良いです。

当たり前のことが当たり前にできる
右の「ダメ!」が当てはまらない人はイイ!ということです。
無知
「鉄骨だから防音完璧ですよ!」
「一度払った手付金は返却できません」
こちらが素人だと思って基本的な知識さえ身につけてない人に、仲介など任せられません。

値下げ交渉に応じない
滅多に通るものでもありませんが、全く応じないのは面倒くさがってるだけ。

「申し込み」をやたらと勧める
焦っている証拠。ノルマの事で頭がいっぱいです。

ことなかれ主義
住んだあとのトラブル時、相談に乗るどころか、適当にはぐらかしたり大家の顔を伺ってばかりで何の対策もしてくれない。そんな話も聞きました。
全てを満たした営業マンなんて滅多にいないと思いますが、こちらも高い費用をかけているのです。あまり強情になるのもキリないですが、できるだけこだわっていきたいものです。
 
営業マンとの賢い付き合い方

実際悪徳営業マンなんてそうそういないものです。でも悪気は無いけどいい加減だったり危なっかしい人は結構います(汗)不動産屋に限りませんが、彼らと接する上で抑えておきたいポイント。

・「〜だと思います」は認めない…物件についての質問には必ず大家さんか店に確認をさせる。

タイプ別不動産屋の長所・短所  
  特徴
大手・都心型 業者向けのネットワークから情報を仕入れ、元受(大家と直接やり取りする)業者に紹介する事で利益を得るため情報量が多い。 反面、いわゆる「掘り出し物は」ほとんどない。
一度に各地域を検討できる。営業マンの質は当たり外れが多いかも。
地域密着型 地元の大家さんと直接仲介しているその道ウン十年のベテラン。よって客を見る目も鋭いが反面気に入られるとホイホイ交渉に応じてもらえる事もある(まるは長く住んでいたマンションの家賃を何と5千円も下げてもらった事があります)。
当然地元の物件しか扱っていない事が多いので、ピンポイントで探したい時、足を使って探せる時にはおすすめ。


YES/NOははっきりと!

一時申込みをした後のキャンセルは、不動産屋やオーナーに迷惑をかけてしまうので、なるべくならしない方がいいです。が、営業マンによっては「あとでキャンセルできますから押さえといた方がいいですよ」なんて半ば強引に勧めてくる人もいます。こういうタイプに限って、キャンセルする時にゴネるもの。ですからはっきりと意思を伝えるのが大切です。
やり手の営業マンは優れた役者でもあります。泣き落とされたり、激昂されたりしても迷わないように!

ネットの掲載情報…建前と真実に注意?

ネットの賃貸サイトによくある「一見良さそうだけど、本当にいいの?」という売り文句を挙げてみました。
「3駅利用可!!」……どこからも遠いことが多いです。
「追い炊き機能!!」…昔ながらの「バランス釜」な事があります。
「フローリング!!」 …このご時世にびっくりマークで言われても…それに防音的には畳の方が優れていますよ。


copyright(c)2000-2004 mar all rights reserved.